Back to list

私たちがスカイコインを作った理由

ナカモトサトシはBitcoinを分散型のデジタル通貨として構想しました。ブロックチェーンネットワークは民主的な金融システムを作り、企業による支配を排除し、ユーザー間に権力を分散させるように意図されていました。

しかし、Bitcoinや関連する通貨はプルーフ・オブ・ワーク(PoW)やプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムに依存するだけでなく、マイニングにより中央集権化されています。 この中央集権化はデジタル通貨本来の目的に反するものです。Skycoinはこれらの欠点を克服するために作られました。SkycoinはPoWとPoSを置き換えるための新しいコンセンサスアルゴリズムを採用しました。

また、他のブロックチェーンネットワークに関連するセキュリティ問題を修正し、マイニングを廃し、コインの生成をマイニングに依存しないものにしました。 その結果、ナカモトサトシのビジョンを実現する完全な仮想通貨を実現しました。

Skycoinのブロックチェーンはマイニングを使用しません。ですからBitcoinのように大規模なマイニングプールに権力を集中させることはできません。 また、コインの生成により特定のユーザーがネットワークを掌握することもできません。Skycoinの供給量は固定されているのです。Skycoinのトランザクションは数秒で完了し、より安全です。 Skycoinはネットワークを制御するための政治的ツールでなく、デジタル資産として機能する不変の通貨として作られています。

PoWに関する問題(Issues with Proof of Work)

PoWアルゴリズムには致命的な欠陥があります。それは大きなハッシュパワーを持つ者にネットワークの制御を委ねてしまうことです。マイニングの独占はブロックチェーンネットワークにおいて大きな問題となっています。

当初、Bitcoinの開発者たちはマイニングシステムにより権力の分散が行われると考えていましたが、それは正反対でした。 合意形成はハッシュパワーに基づくため、大きなハッシュパワーを持つマイナーはネットワークを掌握できてしまうのです。

結果としてBitcoinは3つの主なマイニングプールに集権化されました。今日、これらのマイニングプールは彼ら同士の合意によりネットワークのハッシュパワーを集中させたり、分散させたりしています。 ここで重要なのが彼らが全ハッシュパワーの51%を握り多数派になった場合、トランザクションを元に戻したりブロックチェーンを改ざんすることができるということです。(51%攻撃) これはネットワークの安定性とセキュリティを脅かすだけでなく、”分散化した通貨を作る”という仮想通貨の目的を破壊するものです。

マイニングによる経済的および環境的コストは天文学的なものです。処理に必要な電力は数千万KWhにも及び、新規参入者の増加や資本家の参入ではこのコストを相殺することはできません。EthereumやBitcoinのような大規模なコインですら、急騰する取引手数料をユーザーに負担させています。 Bitcoinのユーザーは各トランザクションで50ドル以上の額を支払い、マイニングプールの運用の手助けをさせられているのです。 これは一般的な国際送金の手数料よりも高価です。 Bitcoinを使用することはマイニングプールを運用する僅かな人間にお金を投げ捨てていることになるのです。 より小規模なコインの場合、高いマイニングコストはコインの価値を下げ続けるものであり、最終的にコイン自体を消滅させてしまうことになります。

つまりPoWベースのコインは完璧な分散型システムを提供することができなかったのです。 マイニングプールは多くの利用者を”活用”しマイニングコストを負担させ、同時に膨大な処理能力をドブに投げ捨てています。 Skycoinではこの問題に正面から取り組み、代わりとなる合意形成アルゴリズムを開発しました。

PoSアルゴリズム独自の集権化の問題(Proof of Stake: More Centralization Problems)

PoWアルゴリズムではハッシュパワーの51%を利用した”攻撃”が問題となりますが、Posアルゴリズムはそれを解決するため発明されました。 しかし、PoSには独自の集権化の問題があります。 coinfox.infoのJoseph Youngは「コインの大半を持つ所有者がネットワークの技術面と経済面の制御を行うシステムは大きな独占問題を引き起こす可能性がある」と述べています。 PoSアルゴリズムではユーザーは通貨の保有量に比例してネットワーク上での投票権を持ちます。つまり多くのコインを持つユーザーが技術的な変更を行う力を持つということです。 これは”51%の攻撃”を回避するための良い方法だと思われるかもしれません。それは、主要な利害関係者がそのような攻撃の中で最も失うものであり、従って自らそれを避けるように作用します。 しかし、PoSシステムは投票権を集中化してしまうため一部のユーザーが、他のユーザーや、コミュニティ自体の存続を考慮することなくネットワーク変更を行うことができてしまいます。 これは分散台帳システムの目的自体を破壊する権力の集中を作り出すことができるということです。 こういった意味ではPoSアルゴリズムはPoWアルゴリズムと性質の違った問題を抱えており、どちらも同じくらいに良いものではないのです。

Obelisk:権力分散の鍵(Obelisk: The Key to Decentralization)

PoWアルゴリズムとPoSアルゴリズムは共に自己破壊的で、権力を集中化させブロックチェーンシステムの考え方を損なうものです。 権力を持った者はネットワークパワーを独占し、ユーザーが分散型ネットワークのメリットを享受できないようにします。 事実、PoWとPoSはもともと置き換えようとしていた伝統的な中央銀行システムよりも優れたシステムを作ることに失敗します。

Skycoinはユーザーが求めているもの、つまりは”中央集権的でない真の分散型ネットワーク”を提供したいと考えています。 これを達成するため、私たちはPoWともPoSとも根本から異なる全く新しい合意形成アルゴリズムを作成しました。 “Obelisk”です。 Obeliskは”真の分散型ネットワーク”を作るための鍵となるでしょう。

ObeliskがPoWやPoSと異なる点は、分散された影響力にもとづいて機能する点です。これは”信頼の輪”(web of trust)として知られています。 このシステムでは、各ノードが他のノードの持つリストに加入し、ノードネットワークの密度によりそのコミュニティの影響度を測定します。 ノードはパーソナルブロックチェーンという全てのアクションを公開し配信するチェーンを持ちます。 ノード間の通信は公開されており、コミュニティはノードが正常に動作していることを検証します。

もしノードが正常でない動作をした場合、そのアクションはパブリックチェーンに記録されます。ネットワークはそのノードとの接続を切断し、ネットワーク上での影響度を減らすことができます。 そしてコミュニティの集団意思により悪意あるノードを取り除き、各ノードの権限を調整していきます。その結果、”検証されたネットワーク”により構成されているより小さなコアがネットワーク決定を行うのです。

もしもノードがコミュニティの標準に準拠していない場合、その行動は公開記録に表示されます。 ネットワークは、そのノードとの接続を切断しネットワーク上の影響力を減らすことができます。 このようにして、信頼の輪は悪意のあるノードを取り除き、コミュニティの集団意志に応じて権限を再調整します。 結果として信頼関係の構築により、コミュニティの意思を決定する”信頼されたノード”のコアは小さくなるのです。

Obeliskの信頼の輪による合意形成アルゴリズムは権力の集中化を妨げます。また、Skycoinはマイニングを必要としないため”51%の攻撃”から免れる事ができます。 トランザクションは非常に高速で数秒で実行されます。合意形成は多量のコインを持つ者の希望でなく、コミュニティによる合意で行われます。 以上の機能から、Skycoinは現在利用可能なブロックチェーンの中で最も安全なものになります。

デジタル通貨の本来の目的はユーザーが中央権力からの干渉を受けることなくp2p方式で取引するための独立した権限が与えられるように、経済を改革することでした。Skycoinではこの使命を強く信じています。 そのため、Skycoinブロックチェーンは一部だけでなく、全てのユーザーに利益をもたらすように設計されています。 ObeliskはPoWおよびPoSベースのコイン特有の問題を解決し、民主的な分散型のネットワークを提供しています。

TAGS