CXって?

プログラム設計言語

CXはSkycoinの規範であり、プログラミング言語でもある。豊富な機能を備えている。CXはSkycoinプロジェクトで多くの改善を示される。安全性を考慮した複雑契約プロトコルの作成を許容する。

CXはプラットフォームでの項目へ修正可能な義務を配置する。これらの属性は全部、CX多目的プログラミング言語の一部:

CXの特徴:

アフォーダンス

アフォーダンスは特定ユーザの権限授与や拒否に使用できる。これがプログラマーが自信を持って安全コードを作ることに役に立つ。アフォーダンスシステムを検索することによって、機能をカバーする操作リストを獲得できる。

遺伝的プログラミング)

遺伝的プログラミングはCXプログラム作成中における一種の進化である。機器学習ツールの一種として、GPは問題自動解決メカニズムの提供とカーブフィッティングの実行や、予測モデル作成の能力をもってプログラマーをサポートする。

決定性言語

決定性により、CXプログラムが信頼的に作成されることを許容し、プログラマーが組込み環境におけるデッキー機器の需要を考慮することをなくした。どんな機器の誕生も、生産されたからである。

厳格なタイプシステム

CXの厳格タイプシステムはもう一つのクラス又は冗長を提供し、使用が便利で、調整も簡単で明確。表示種類変換のミスが減り、CXは本質的にプログラマーにとっては、安全である。

コンパイルとインタプリタ言語

コンパイルとインタプリタ言語の機能を兼備している。これによって、プログラマーはその高級特性を利用し、柔軟性やインタラクティブ機能を追加できる。

ガベージコレクタ

CXガベージコレクタは自動内蔵メモリ管理方式の一つであり、キューにある未使用な対象を自動的に回収し、必要な操作のために価値のあるメモリを釈放する。CXはプログラムで将来にアクセスできないデータ対象を検索し、それを処分する。

対象リソースマネージャー

プログラマーは一つの対象リソースマネージャーをアクセスできる。該当リソースマネージャーはすべての対象及びその現在メモり分配の図形画面を表示する。これらの対象がシリアル化や伝送されるが、コード手順によって、プログラマーが最後に観察した状態でこれらの対象への実行を復元することができる。

Skycoin路線図

登録して更新を受信