生態システム

ニューインターネットアーキテクチャー

Skycoin

Skycoinはビットコインとイーサリアムの欠陥を解決するために作られた。Skycoinの出現は当時、完全な分散型デジタル通貨という中本聡の最初の思いを実現できる他のコインがなかったからである。

独自なObeliskコンセンサスアルゴリズムにより、Skycoinのプラットフォームは分散型や人的制御を免れる。その独特なプログラミング言語CXは千や万人の開発者がアプリケーションプログラムをブロックチェーンへ配置することを許容している。Skycoinは暗号化通貨として、無料取引という機能を持ち、絶対プライベート保持機能が間もなく実現し、Visa支払処理システムに類似する速度を備えている。その価値はチャンスをねらう主義ではなく、内在資産サポートに基づくものである。

Skycoinで生まれたコインタイムを持つと、Skywireネットワークからサービスを購入できるだけではなく、より多くのSkycoinの両替できる。

Fiber

Coin Hours

CX

Coin Join

Skywire

快速:大型ISPみたいに、トラフィック制限や他サービス中断に影響されない。

プライベート保持:プライベート保持は客が閲覧する時に、追跡できないことを意味する。ISPみたいに、毎月に巨大な費用を支払い、客の追跡をしたり、許可なしに客の閲覧データを売却したりするISPのやり方と違って、 Skywire地域はインターネットサービスにより、ユーザのプライベートを保持できる。

インセンティブ:Skywireは無線メッシュネットワーク(WMN)に発展する予定。ユーザはSkycoinとコインタイムを同時にゲットするによって、ネットワーク全体へブロードバンドや記憶を提供するハードウエアノードを稼働させる。ユーザはゲットしたコインタイムで欲しい内容や他のネットワーク資源と交換できる。

セキュリティ:Skywireはユーザ自身より作り、ユーザへサービスする。ユーザはシステムが稼働するネットワークを信頼した上で決断し、地域の集団プロトコルにより、悪意ノードをメインSkywireネットワークから中断させる。このコンセンサスモデルによって、Skywireを攻撃、搾取や操縦を免れる。

ークは正に清流と言えるでしょう。Skywireは権利を大衆に戻しながら、更に強い、速い、安全なインタネットを作ってきている。

Skyminer

Node

CXO

Obelisk

権利集中世界での権利分散

Obeliskはプルーフオブワーク(PoW)とプルーフオブステーク(PoS)のアルゴリズムの不足から生まれたものである。Obeliskは永遠にプール集中又は株主の操りにされないことは、本当の分散とは言える。Obeliskは信頼のサイトアーキテクチャーにより、ネットワークへの影響を分配する。ネットワークはマイニングマシンではなく、ノードで構成される。それぞれのノードには自分のブロックチェーンを持つことは、いかなる潜在な不良行為を防止や隔離できる。ビットコイン又はイーサリアムを使用する伝統的なマイニングマシンと比べると、これらのノードの生産、獲得と運営コストは更に低くなる。Obeliskは伸縮可能、計算が安く、無駄ゼロのPoW代替品として設計されている。これらの特性により、アルゴリズムは電力を無駄にしない又は大事な自然資源を消耗しないで、継続可能な方法で安価なハードウェアに稼働できる。ほとんどの人が同じノードを操作できるようになったら、集中化はほぼ不可能になる。

Obelisk

Fiber

FiberはSkycoinプラットフォームを無限拡張と高度カスタマイズ化できる平行同クラスチェーン仕組みである。Fiberはブロックチェーンより良いソリューションであり、現在の分布式帳簿にある技術問題を解決できる。

Fiberは「ブロックチェーン 3.0」の基礎であり、Strand(チェーン)のように並列に設置し、無限拡張可能なブロックチェーンネットワークと記述しても良い。 Fiberにある各会社、各プロジェクトには専用、完全カスタマイズなプライベートブロックチェーンを所有し、その速度がVisaと匹敵できる。それによって、個人又は会社ブロックチェーンの企業へブロックチェーンに関するソリューションを提供し、企業の独自管理を実現し、自社のチェーンを完全にコントロールできるようにする。Fiberに加入したそれぞれのチェーンによって、ネットワーク全体を強化し、全体の生態システム仕組みを構築した。

Skycoinの Fiberは一代目や二代目の暗号通貨アーキテクチャーと競争するのではなく、それらに代わるのである。立ち上げたばかりのブロックチェーンプロジェクトからソリューションを求める会社ならば、Fiberが正にその答え。

Fiber

Skycoinって?

デジタル通貨の最初目的は経済を再生することにある。ユーザが独立に授権され、センター機構に影響されず、対等な方式で取引を行なえるようにすることである。Skycoinにとっては、これが我々の使命である。これはSkycoinが僅かなユーザではなく、全てのユーザの利益を目指す目的である。Obeliskにより、我々はPoWやPoアルゴリズムの固有問題を解決し、顧客様へ分散型民主同認識なネットワークを提供する。

中本聡はビットコインを分散型なデジタル通貨と考えている。ブロックチェーンネットワークは金融を民主化にし、大手会社によるコントロールを除去し、権力を大衆の手に握らせることを目指している。しかし、ビットコインと、PoW/PoSアルゴリズムを使用してマイニングによる奨励を獲得するデジタル通貨はますます中心となってきている。これはデジタル通貨を発明した初心と反している。

だから、これらの欠陥を埋める為に、我々はSkycoinを作り出した。 SkycoinのブロックチェーンはPoW/PoSに代わる新たな一致性アルゴリズムを使用し、他のブロックチェーンネットワークと接続する時のセキュリティン問題も解決し、新しいコインの生み出しとマイニングを分けた。Skycoinこそ中本聡のビジョンに合うよ真の分散型デジタル通貨である。

Skycoinブロックチェーンにはマイニングがないので、権力は現在のビットコインのように、幾つかの大きいプールに集中したりしない。新しいコインの生み出しはあるユーザへネットワークに対する不適切なコントロール権力を与えたりしない。 Skycoinの総量が固定され、取引速度が秒単位であり、しかも安全である。ネットワークをコントロールする政治道具ではなく、デジタル財産として、我々はSkycoinという変化不可な暗号通貨を作り出した。

白書

Skycoinにはシグネチャーの可変性、取引の可変性がなく、重複なcoinbaseアウトプットや、ビットコインにおける他の数十項目の変更や改善もない。 Skycoinはビットコインの上で数十箇所の変化を行なった。

Skycoinは学術や技術白書を制作した。学術白書はSkycoin分布式コンセンサスシステムの理論や数学基礎及びその啓示を記述した。Skycoin学術論文は数学形式主義を重んじているので、これらの考え方は我々が安全保障を提供する元である。技術文書は実施細部、マイルストーンとソフトウェアアーキテクチャーの概要を記述した。この技術資料のポイントは安全保護の進捗や防御の深さをアピールすることにある。

ダウンロード

登録して更新を受信